勃起不全の治療費は?

性機能障害を解消しようと思っても、費用の事が気になって踏ん切りがつかない方も多いと思います。確かに、ED診療は保険適用外ですので、受診する病院や療法によっても治療費に大きな差がでます。そこで以下に、大まかな料金体系をまとめてみましたので、まずはご覧下さい。

治療方法 費用の相場
治療薬
  • バイアグラ……1,300~2,000円(1錠)
  • レビトラ……1,500~2,000円(1錠)
  • シアリス……1,700~2,500円(1錠)
海綿体注射
  • 自己注射……6,000~1万円(1本)
  • 通常……8~10万円(複数回、医師の判断による)
男性ホルモン投与  3万5,000~5万円(投与回数により増加)
勃起補助器具  5~8万円(陰茎にシリコンリングを装着するタイプ)
外科手術
  • 静脈結紮手術……約20万円(材料費別)
  • 陰茎プロステーシス移植手術……60~70万円(材料費別)

こうした治療法の選択は、医師の判断にもよりますが、患者本人の診療目的によっても変わってきます。ただ私としては、根治療法を求めるのでもない限り、健康リスクが低く治療費も安いED対策薬をお奨めします。

しかし、一口に治療薬といっても、効能や対応症状の異なる物が複数存在します。そこで、まずは専門医によるカウンセリングを受け、自分に合った薬を処方してもらう事が肝心ではないでしょうか。

>>ED治療費が最も安いクリニックは?

ED治療のガイドライン

専門家に相談するといっても、気恥ずかしさが先立って、なかなか腰を上げられないのが本音だと思います。そういった場合、自分自身でED症状を判定する方法もありますので、ここで紹介しておきます。

以下の表は、国際勃起機能スコア(Intenational Index of Erectile Function)と呼ばれるもので、専門医も診療の参考にしている物だそうです。

各質問項目につき1~5点で自己判定し、総合点で症状の重篤度を割り出します。合計が21点以下の場合は、勃起障害の可能性が高いということですので、気になる方は挑戦してみて下さい。

Q1:セックスのときに勃起をしっかりと持続することができますか?
1点 2点 3点 4点 5点
まったくできない あまりできない どちらともいえない できる いつもできる
Q2:性的な刺激で挿入が可能なくらいの硬度になりますか?
1点 2点 3点 4点 5点
まったくならない たまになる 半分くらいはなる ほとんどなる いつもなる
Q3:セックスが終わるまで勃起を維持することはできますか?
1点 2点 3点 4点 5点
できない とても難しい 難しい 少し難しい 難しくない
Q4:セックスに対して満足できていますか?
1点 2点 3点 4点 5点
満足できない たまに満足できる ある程度満足できる かなり満足できる 常に満足できている
Q5:勃起の硬度を維持することに対して自信はありますか?
1点 2点 3点 4点 5点
まったくない ほとんどない どちらとも言えない ややある かなりある

いかがでしょうか、ちなみに点数と症状の対応は以下のようになります。

  • 21~17点:軽度EDの疑い
  • 16~12点:中度から軽度EDの疑い
  • 11~8点:中度EDの疑い
  • 7点以下:重度EDの疑い

ただし、これらはあくまでも指標ですので、スコアが低かったといって悲観する必要はありません。むしろ、これを良い機会と捉え、医師に相談するきっかけになさったらいかがでしょうか。いずれにせよ、日本国内においても成人男性の25%強が罹患し、1200万人以上の患者を数えるとされる問題ですので、何も恥ずかしがることはありません。女性の目が気になるようでしたら、総合病院などを避け、専門のクリニックを受診すればよいだけのことです。

>>ED専門クリニックの治療費一覧

性機能障害と不妊治療

勃起治療というと、男性特有の問題にみえるかもしれませんが、これを不妊治療と捉えれば女性にも関係あることです。実際、ある統計によれば20~30代の比較的若年のED患者の場合、夫婦揃って受診する方が多いともいわれています。

不妊治療には、睾丸から精子を強制抽出する方法や、海綿体に流れ込む血管を再構築させる手段もありますが、男性側の負担や夫婦生活の充実を考え、治療薬による処置を希望する傾向が高いようです。

しかし、そうした場合に問題となるのが病院の立地です。やはりED治療を専門とするクリニックの多くは、風俗街などに隣接していることが多いようです。そのような地域に、夫婦で足を踏み入れるのも憚られることですし、他の患者の目も気になります。

そうした事を考え併せれば、受診前に一度、各病院のHPなどで情報収集なさった方がよいかもしれません。私も、このサイトを設立するにあたって多くの診療所のHPを閲覧しましたが、評価の高い病院の多くはWeb上での情報公開も進んでいました。医師の経歴や診療実績を開示している所もありましたので、そういった点も含めて確認してみてはいかがでしょうか。

このページの上部へ