後発医薬品の基礎知識

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことはありますか?ジェネリックとは、特許の期限が切れた医薬品を開発したメーカー以外の、製薬メーカーが同じ効能を持った医薬品を製造、販売する事を言います。

薬の開発には、莫大な開発費が掛かるのですがジェネリック医薬品はその開発費が掛かっていないため、先に開発されていたものより大幅に価格を安く設定できるというメリットがあるのです。

このようにジェネリックは、その大前提として特許の期間が過ぎていることが条件なのですが、現在主流のバイアグラ、レビトラ、シアリスともに、まだ特許の期限は切れておりません。

その為、ED治療薬のジェネリックと呼ばれるものは、厳密にはすべて各社の特許に抵触してしまっているのです。

しかし、インドやブラジルなどの国では、正規品の医薬品は高価なため製造方法などを変え、安価なジェネリック医薬品を製造することを許可していたことがあります。

こういった国で製造されたものは正規品より大幅に価格が低いため、インターネットなどで個人輸入をする人が続出しているのが現状です。

EDジェネリック治療薬の危険性

成分が同じであれば、副作用は通常の治療薬を同じ事がおこると考えられます。医師の診察もなしに素人考えで服用すればどのような被害にあうかはわかりません。

さらに、個人輸入されたものであればそれが本当に同一成分であるものかの保証もありません。まったくの偽者を服用する事になるかもしれないのです。

一体、どれほどの健康被害があるのかや、どういった副作用が起こるのかが不明である為ハッキリ言って危険であることは間違いないです。

正規品はどこのクリニックに医薬品を流通していいるのかのデータが全てあるそうです。少しでも、健康に対するリスクを減らすためには正規品を正しい流通経路で購入しているクリニックに通うことが一番なのです。