個人輸入の危険性について

現在、改正薬事法により個人での使用を対象とした医薬品の個人輸入に関しては法で認められている部分もあります。しかし、これを他人に譲ったり、売ったりすることは違法になってしまうので十分に注意して下さい。

さて、個人輸入をすることに関して注意しなければならないのはこれだけでしょうか?実は、ED治療薬の個人輸入で注意しなければならない点はまだまだ他のところにあるのです。

その薬は本物?

個人輸入をしたものが本物であれば、上記の薬事法に沿って使用している分には、あまり問題がないかもしれません。

しかし、実際に手に入れた治療薬が偽者である場合はどうでしょう?ファイザー製薬のデータによるとなんと個人輸入された治療薬の半数以上55.4%が偽造治療薬であったというのです。

偽造されているものなので以下のような不具合を抱えていることが多いといわれています。

  • 有効成分の量が一定でないもの
  • 有効成分が含有されていないもの
  • まったく別の成分が含有されているもの
  • 危険な不純物が混じっているもの

こういったものを服用すればどのような副作用があるかは不明ですが、昏睡状態に陥ってしまったり、最悪の場合死に至ることもあるようです。また、日本国内で所持が認められていないものが含有されていた場合、逮捕されてしまうなんてことも考えられなくはないと思います。

不衛生な場所で製造され、成分のよく分からないものをいくら安いからと言ってお金を払って購入することは、とてもリスクの高い事だと思いませんか?安心を買うという意味でも、治療薬に関しては信頼のできるクリニックで処方してもらうことが大切なのです。